猫の親

ありふれた日常の綴りと猫

猫とカメラを相棒に
 日々の雑感をつぶやく場所

偶然ではない出逢い

20数年前、私が初めて猫と遭遇した時とは、確かに違っています
それは、いつも通過する道路沿いの獣医さん
その獣医の窓口に置かれた「ゲージ」に子猫が・・


「里親さん募集」の張り紙と4匹の子猫
その出遭いを、私はどこかで期待して、どこかで諦めていたりして
惑って、迷って、そうして、後悔しつつ3年目
今日、その気持ちを払拭した瞬間でした
「6匹目の猫の親」
はい・・その通り、私の家族を一匹足しました
名前は、以前から決めていた
トコ・・トラ次郎のト、コテツのコ、です



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。